PUBLIC TALK

こんなニュースがあったよ
<< 文科相:「転倒喜んだ」発言で反省 | main | 今度は岡山県警で >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ブログは読んだ事がない?

ブログを頻繁に読む人は、ネット利用者の9%しかいないそうだ。

ときどき読む 11%
ほとんど読まない 13%
一度も読んだことがない 66%

という調査結果らしい。


確かに頻繁に特定のブログを読む、つまり常連の人を抱えるブログっていうのは多くはないだろう。その辺は数値として当たっていると思われる。しかし、この調査結果、個人的には疑問がある。少し前には、ブログが日本で大流行という時期には、ブログを知らない人の方が少なかった。そんな人が一度も見たことも読んだ事もないわけがない。しかもネットユーザーなら一度は見ているだろう。

一度も読んだ事がないというのがネットユーザーに含まれているのかというくらい66%という数値がどうも不思議なのだ。向こうの調査結果だから、日本も次第にそれに近づいていくのかもしれない。そうであればブログというのは次第に減退していくのかもしれない。

さて、そういう調査結果の真偽はどうでも良いとして、不特定多数を相手としたブログには、多くは日記として使う人が依然と多いのは確か。しかし、面識すらない他人の日記を読むようになるまでには、余程じゃないと難しい。

そうすると、ブログの目的は人の役に立つか、居心地が良いブログか、何か魅力的な記事や写真をアップしているか、メッセージ性の強いブログかということになってくるのだろう。


実際に、他人のブログを見るときというのは、検索結果だったり、TBからだったりする。あるいは仲間のリンク先かもしれない。ところが、だんだんとブログに熱中してくると自分のブログ記事作成に夢中になって、他人のブログを訪問する時間がなくなってきたりする。TBを送るために、検索から訪問する人もそう多くはいない。以前にもある調査結果で、TBを使う人はブロガーの3割以下という結果があった。

自分が訪問するとしたら、業者やアフィリエイト等で収入を目的とするブログや、ランキングに参加していてクリックしてと書いてあるブログよりも、そんなものは一つもなくコツコツと続けているブログのほうを常連として訪問するだろう。勿論、面白くなければ訪問しないが。


一方、他人のブログを見るどころか、目的が見つからない、書こうとする記事がない、閲覧者が増えないなど、SPAMや荒らしで嫌になった等、色々な理由で続かなくなる人も多い。



止めたら止めたで困ることも特にないのがブログだったりする。



ZDNet Japan Blog - ZDNet.com DATA POINTブログ:6割強のユーザーが「ブログを読んだことがない」と回答
| public | インターネット2006 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Link
+ COUNT
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ SPONSORED LINKS